菌糸

F-ZERO&F-ZEROブナ性能チェック

ギネス4冠 F-ZERO菌糸シリーズ

F-ZERO菌糸の主な特徴

新鮮なクヌギ生オガ100%使用! ヒラタケ菌床 特殊添加剤配合! BE-KUWAギネス4冠! (スマトラ×2、パラワン×1、テイオウ×1 確認できている回数) 〔スマトラヒラタ〕 107㍉×1頭、106㍉×複数頭、105㍉×1頭、104㍉×複数頭、103㍉×複数等、102㍉×複数頭 〔パラワンヒラタ〕 112㍉×1頭,111㍉×複数頭、110㍉×複数頭,109㍉×複数頭 〔テイオウヒラタ〕 106㍉×1頭、104㍉×複数頭

キノコが生えない(空調あり)

大型作出の必須温度20℃前後でキノコが生えず、キノコが出やすい蛹室への侵入もありません。

発菌性が高い!!

ブロック使用時も、詰め込み後4日~5日でほぼ使用可能です。青カビ等に侵されることがほとんどありません。 初心者の方でも安心です。 累代菌は使用していません。勢いが違います!

生オガの鮮度が高い!!

一度で吸収分解できない為、2度喰い、3度喰いし➡居食い状態になり易い➡ギネスクラスで羽化! 劣化スピードが極めて遅い為どの幼虫ライフステージにも対応でき、大変扱いやすい菌糸に仕上がっています。 一般市販菌糸に比べ幼虫の成長・成熟が遅いのでご注意下さい。 一年一化の幼虫の成長成熟スピードと遅い菌糸の劣化スピードのマッチングがいい為大型になり易い傾向にあります。

クリックでF-ZERO商品ページへ移動

ご購入はこちら!

F-ZERO菌糸シリーズ

高鮮度ブナ100%使用 F-ZEROブナ菌糸シリーズ

高鮮度ブナ菌糸

鮮度の高いブナ菌床(中粒子)100% 特殊添加剤配合 もちろん菌種は通常のF-ZEROと同じですので、低温度帯(20℃前後)でもキノコは出ません

初令幼虫にやさしい

分解吸収性がよく、初令幼虫に優しい菌糸です 1令~3令初期で体重増加の立ち上がりスピードが早いです 幼虫→成虫への還元率がよく、安全に特大・肥大が可能です (そのぶんF-ZEROクヌギに比べ劣化は早いです) (ブナは分解吸収がいい反面、成熟が早くなり、幼虫が早く黄ばみ、そこから伸びにくいのでご注意ください)

参考

スマトラヒラタの成長、成熟スピードが、ブナ30~50%の特製とマッチングがいい様です。 ブナ50%クヌギ50%混合・20℃ 2令で1500(~4.5ヶ月)3200ブナ30%(~羽化まで) パラワンヒラタの場合は1~2令でクヌギ800(3.5~4.5ヶ月)2300クヌギ(2~2.5ヶ月)3200(ここでブナ30~50%羽化まで) 最終ボトルでブナを混合して、ボディの肥大と(スムーズに劣化)→羽化を促します。

クリックでF-ZEROブナ商品ページへ移動

ご購入はこちら!

F-ZEROブナ菌糸シリーズ

お客様からのご報告

完山 様

ペットネーム DORCUS FUKUOKA NEWレコード・パラワン TL:113.7mm

~飼育データ~
  • 室温21~22℃ 湿度50% F-ZERO菌糸
  • 6/27 1令 800
  • 9/27 55g 1500
  • 12/31 74g 3200
  • 4/8 65g 3200
  • 7/20 羽化 newレコード!♂ 113.7mm

 

竹ヶ原 様

ペットネーム イグニスZ-C-LINE(No.25) T:109mm 、H:37mm 、B:38.8mm 種親:♂106.9mm×♀56mm

~飼育データ~
  • 2017.9.12 G-zero800 1
  • 2017.12.12 F-zero3200 57g
  • 2018.3.13 F-zero3200 72g
  • 2018.6.13 F-zero3200 70g
  • 2018.8.31 F-zero3200 71g
  • 幼虫頭幅17.8mm
  • 蛹体重55g 蛹体長96mmup(HPに掲載されている蛹)
  • 2018.11.29 羽化
  • 累代CBF1

 

水越拓哉 様

ペットネーム TM-3254パラワン T:113.5mm 、H:35.6mm 、B:37.0mm 種親:♂107mm×♀53mm 管理温度20~24℃

~ボトルデータ~
  • 2018年1月 初令で割り出し、120ccプリンカップ(クヌギ100)へ投入
  • 2018年2月 2令で800ccボトル(クヌギ100)へ投入
  • 2018年7月 3令になっていたのを確認し、M2000ccガラス瓶へ投入(ブナ50%) 体重42g
  • 2018年8月 2本目G3000ccガラス瓶へ投入(ブナ50%) 体重68g
  • 2018年12月 3本目G3000ガラス瓶へ投入(ブナ50%) 体重75g
  • 2019年3月  蛹室を作っているのを確認
  • 2019年4月  蛹化を確認
  • 2019年6月上旬 羽化

 

ペットネーム TM-3254ミンダナオオオヒラタ T:100.1mm H:32.8mm B:33.1mm 種親:ワイルド♀45mm(持腹) 管理温度20~24℃

~ボトルデータ~

  • 2017年8月 初令で割り出し、120ccプリンカップ(クヌギ100)へ投入
  • 2017年12月 2令で800ccボトル(クヌギ100)へ投入
  • 2018年6月 3令になったのを確認し、M2000ccガラス瓶へ投入(ブナ50%) 体重30g
  • 2018年9月 2本目G3000ccガラス瓶へ投入(ブナ50%) 体重56g
  • 2018年12月 3本目G3000ガラス瓶へ投入(ブナ50%) 体重62g
  • 2019年1月  蛹化
  • 2019年3月  羽化

 

ペットネーム TM-3254テイオウ T:106.6mm 、H:35.3mm 、B:37.5mm 種親:♂103mm×♀48mm 管理温度20~24℃

~ボトルデータ~

  • 2016年12月 初令で割り出し、120ccプリンカップ(クヌギ100)へ投入
  • 2017年2月 2令で800ccボトル(クヌギ100)へ投入
  • 2017年6月 3令になったのを確認し、M2000ccガラス瓶へ投入(ブナ50%) 体重35g
  • 2017年8月 2本目G3000ccガラス瓶へ投入(ブナ50%) 体重65g
  • 2017年11月 3本目G3000ガラス瓶へ投入(ブナ50%) 体重68g
  • 2018年1月  蛹室を作っているのを確認
  • 2018年2月  蛹化を確認、蛹室が崩壊しそうだったので取り出し 蛹体重50g
  • 2018年3月下旬 羽化

 

ペットネーム TM-3254パラワン♀ T:58.0mm 種親:♂109mm×♀50mm 管理温度20~24℃

~ボトルデータ~

  • 2018年11月 初令で割り出し、120ccプリンカップ(クヌギ100)へ投入
  • 2019年1月 2令で800ccポリボトル(クヌギ100)へ投入
  • 2019年3月 3令になっていたのを確認し、800ccガラス瓶へ投入(ブナ50%) 体重24g
  • 2019年5月上旬 羽化

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。